肌のアンチエイジングに効く食べ物は?

肌の老化を防ぎ美肌を保つには、お肌の酸化と糖化を防ぐことが大切です。

banana1

普段から紫外線に気をつけるのと同時に、酸化と糖化を防ぐ効果のある食品を摂ることで、きれいなお肌をキープしましょう。

酸化

紫外線がお肌に当たると酸化します。酸化するとお肌のメラニンが増えます。酸化を防ぐには、抗酸化力の高い食品を積極的に食べると良いでしょう。

バナナはとりわけ抗酸化力が最も強い食品ということがわかっています。特に熟したバナナが良いそうです。美容ビタミンであるB群がとても豊富に含まれています。

また、ポリフェノールが紫外線対策に役立つと言われています。赤ワインやチョコレートだけではなく、コーヒーにもたくさんポリフェノールが含まれています。コーヒーを1日2杯以上飲む人は、皮膚のシミが少ないというデータがあるそうです。ポリフェノールは体の中で2時間程で消えてしまうので、小まめに飲むのがベスト。

糖化

酸化だけではなく、糖化も防がないと美肌は保てません。糖とタンパク質が結合して体の中にAGEという老化物質を作ります。肌は黄色くくすみ、ハリとツヤがなくなり老けた印象になります。

糖化を防ぐには血糖値が上がるのを抑えることが必要。それには、カロリーを抑え、食べる順番に気をつけるの2点に留意しましょう。

野菜や海藻を始めに食べると血糖値の上昇を抑える事ができます。シナモンは血糖値の上昇を抑制する効果があるそうです。