化粧水はシンプルなものでいい

化粧水をバシャバシャたっぷりつけて安心していませんか?

ビタミンC

化粧水はいくらたっぷりつけても、肌に保水力がなければすぐに蒸発してしまうのです。私も実感として薄々気づいてはいましたが、正しく理解しておきたいですね。

化粧水をつけるのは、肌を柔らかくし次のステップ(美容液)への入り口と考えて、シンプルなケアを目指しましょう。

水溶性の美肌成分は化粧水で補うのが◯

水溶性の美肌成分は化粧水に配合した方が有効です。水溶性の美肌成分でもっとも代表的なものは「ビタミンC誘導体」。よく耳にする名前ですね。

ビタミン類は成分的に不安定なので、美容液やクリームより化粧水に配合した方が壊れにくく吸収がよいのです。

ビタミンC誘導体のこと

アンチエイジングに大切な抗酸化作用のあるビタミンCを肌に吸収されやすくしたもの。

有効な美白成分としても知られ、厚生労働省が薬用美白成分として認めたものです。ビタミンCはコラーゲンの合成も助けたり、毛穴のたるみの防止にも役立ちます。

化粧水を選ぶなら、このビタミンC誘導体が配合されているものを選ぶと美肌に効果的です。

ビタミンC化粧水 ドクターケイ

それでも化粧水はケチらない

肌の保湿機能が十分でないとすぐに蒸発してしまう化粧水ですが、少量をチビチビ使っては意味がありません。お手頃な化粧水でよいので、たっぷり使ってお肌全体をまず潤しましょう。

高級化粧水でなくてもよいのです。その後につける美容液やクリームで美肌に必要な成分をしっかり補うのです。