できてしまったシワやシミをどうする?

鏡に映る自分の顔にシワやシミを見つけ、えっ?そんな。。。と愕然とすることがあります。普段ケアをしているつもりでも思い通りの美肌作りは容易ではありませんね。

スキンピーリング

でも、そんなトラブルを改善できる場合もあるのです。その1つの方法がピーリングです。

肌の再生を助ける

ピーリングは古くなって厚くなった角質を取り除く方法。

加齢やストレスでお肌のターンオーバーが低下すると角質がたまっていきます。シミが濃くなったりくすみの原因になったり、肌のコラーゲンの生成が衰えて小ジワが増える傾向になったりします。

ピーリングをすることで肌の新陳代謝が上がり、シミが薄く目立たなくなったりシワが改善することが期待できます。

「ケミカルピーリング」と「レーザーピーリング」

ケミカルピーリング」は、酸性の成分を用いて老化した角質を剥離して正常なターンオーバーに戻す方法。AHA、乳酸、グリコール酸などが一般的な成分。人によってはピリピリすることもあるので無理のない範囲で使って下さい。

家庭用のピーリング化粧品は効き目は穏やかです。1度で大きな改善は望めませんが、定期的にケアを自宅でできるメリットは大きいですね。

より効果的で安全なケミカルピーリングを望む場合は、クリニックで受けた方がよいでしょう。月に1回、合計5回程度が目安。費用は1回5千円〜2万円程度。

レーザーピーリング」はレーザー光を肌にあてて古い角質を取り除くと同時に、コラーゲンなどを増加させる方法。肌がつるつるに生まれ変わってシミやくすみ、シワを解消する効果があります。

レーザーピーリングは光線をあてて治療をするので痛みも殆どないのが特徴。肌へのダメージが比較的少なく、ケミカルピーリングができないアトピー性皮膚炎や敏感肌の方に向いていると言われています。クリニックで受ける美容法ですが、費用は1回1〜2万円程度。

家庭用のピーリング化粧品

できるだけ肌にやさしいもので始めるのがいいと思います。「洗い流すタイプ」と「拭き取るタイプ」がありますが、肌をこする拭き取りタイプより、肌の負担が少ない洗い流すタイプがオススメ。

ピーリングの注意点

ピーリングの後はお肌が敏感になっています。強くこすったり洗いすぎに注意が必要。より一層の保湿を心がけ紫外線対策もしっかりして下さい。

ピーリングやりすぎは逆に肌老化を加速させてしまう原因になりかねません。自宅で行う場合は使用書の通りに行いましょう。

タカミスキンピール[角質ケア化粧液]