お肌のシミを消して美肌になる方法

お肌の悩みに多いのは『シミ』。普段のお手入れをしてもなかなか消えてくれないですよね。

シミ対策

そんな頑固なシミに作用する、とっておきの成分が『トレチノイン』です。トレチノインは皮膚科で行うシミ治療では、ハイドロキノンと合わせて一般的に使われています。

トレチノインとは?

トレチノインは、トレチノインという薬はビタミンA酸、レチノイン酸とも呼ばれるビタミンAの誘導体。ビタミンAの約50-100倍の生理活性があります。

表皮細胞の生まれ変わりを促進させ、古くなった角質を排出して、お肌のターンオーバーを正常にする働きがあります。

トレチノイン(レチノイン酸)は、米国ではシワやにきびの治療医薬品としてFDAに認可されていて、皮膚の若返り薬として知られています。日本では認可されていませので、病院で処方してもらう必要があります。

トレチノインの効果は?

メラニンの排出ができず肌にできてしまったシミや、角質によって毛穴がふさがれたためにできたニキビ、などの肌トラブルに効き目があります。シミの種類で言うと、老人性色素斑(加齢によるシミ)、扁平母斑、肝斑、そばかすなどに効果があります。

また、キメが整った滑らかな肌になり、ハリが出たり小ジワが軽減されたりなど、まさにお肌の若返りの魔法の成分とも言えます。

トレチノインは皮膚の浅い部位のシミには有効ですが、皮膚の深い部位のシミは苦手。その場合はレーザー治療が検討されます。深いシミにレーザーを当て、その後の治療にトレチノインを使用する例はよくあります。

レチノールとの違いは?

スキンケア化粧品に配合されているのは刺激の少ないレチノール。そのレチノールとトレチノインでは、肌への効果が100倍違うとも言われています。本格的にシミ治療をするなら医薬品であるトレチノインが効果が大きいのです。

治療方法は?

通常は、ハイドロキノンというメラニン色素を作らせない漂白剤を併用します。トレチノインでシミを排出しながら、新しいシミを作らないようにするためです。使い方は簡単で、化粧品と同様に顔に塗るだけです。

○ トレチノインとハイドロキノンを1日1回、夜に塗ります。
○ 使い始めて数日経つと、皮膚がカサカサして赤みが出てきます。
○ 皮膚のターンオーバーが活発になり皮がむけることがあります。
○ 反応は徐々に和らいでいきます。
○ 4~8週間程でシミが薄くなります。数ヶ月続ける場合もあります。

副作用・デメリットはあるの?

トレチノインを塗っていて困ることは、赤味が出て皮膚が乾燥することです。皮がボロボロむけ、ヒリヒリ痛む場合があります。

日焼け止め対策は万全である必要があります。日中は絶対に日焼けしない様にUVカット入りの化粧品を使います。皮膚が薄くなり敏感になるので、なるべく刺激の少ない化粧品を選びます。

最近は、この様な症状があまり出ないマイルドなタイプの薬も処方されています。(私はこのタイプに切り替えました)

副作用として、長期間使用すると催奇形性(出産時に奇形の現れる確率が高くなる)があると言われています。妊娠中や妊娠の可能性がある人は使用を避けなくてはなりません。

費用はどれくらい?

私の経験ですが、簡単なシミ治療であれば1カ月で5千円程度でした(診察代、トレチノイン、ハイドロキノン含む)。
シミの排出を助ける内服薬(ビタミンCやトランサミン)を併用する場合は、更に数千円増えます。

また、ネットで売られている個人輸入品などを使うと更に安く済みますが、自己責任になります。




スポンサードリンク
リピート率No.1の人気 シロノクリニック